養分だけど、金は惜しい

養分的思考でもなんとか収支をプラスに持っていく人の、ゆるいスロットブログです

スロットで金を稼ぐということ

最近、金を稼ぐということについていろいろ考えることがあります。

 

ぼくは、普段は学生をやっていて、空いた時間にバイトを入れています。

 

あと、1日暇な日はスロットをそんなに負けないように打っています。

 

スロット仲間なんかに収支を聞かれた時、ぼくは「おかげさまでなんとか勝ててます」と答えることが多いです。ぼくには、この"おかげさまで"っていうのを無意識につけてしまう癖みたいなのがあります。

 

家でダラダラしている時に、現役スロプロの方のスロット攻略ブログみたいなのを読んでいると、「一切の妥協を許さず、その場で最も期待値の高い行動を取らないとダメ。それができないやつは一生負けるだけ」とか、そんな内容が書かれていることが多い。なんというか、本当に生活のかかった仕事という感じです。

スロットだけで生活をしているスロプロの方にとって、スロットは仕事なのだから手を抜いたら生活が立ち行かなくなるわけで、この思考は当然だ。

 

ただ、同時に、生涯収支をプラスに持っていくだけなら、そんなに根詰めてスロットに向き合わなくてもいいんじゃないんじゃないかと、ぼくは思います。

 

普通に他の仕事で生活してる人は、そんなに気張ってスロット打たなくていいと思う。最低限台の知識とか期待値を理解して、楽しくまったり遊べたらそれでいいんじゃないでしょうか。

 

ぼくは、本当にのうのうとスロットを打たせてもらって、しかも勝たせてもらっているから、どうしても収支の話になると「おかげさまで」って言葉をつけたくなってしまう。

 

スロットでひたすら期待値を追って勝ち続けている人のブログは、確かにすごく参考になるけど、どこか負けている人たちのことを見下した風であることも多い気がする。もちろんすべての人がそうではないけれど。

 

スロットへの向き合い方は人それぞれであり、スロットの勝ち方を理解した上で、「そんなことするくらいなら負けてもいいから楽しく打ちたい」と考える人は、負ける動きをしたっていいと思う。むしろ、そうすることは誇ってもいい。自分の趣味にしっかり投資できているから。

 

本当に大事なことは、遊戯者全体に対して、一様に普遍的な知識が行き渡ることだと思う。

"一様に普遍的な知識"というのは、例えばジャグラーだったら、「ゴーゴーランプが光ったらボーナスが成立しているから7を揃えられる」だとか、「ボーナスが入ったら1枚がけで揃えた方がお得だよ」だとか、もっと細かいことを言うなら「ジャグラーの中でもゴーゴージャグラーっていう機種は変則押しするとブドウをこぼす可能性があるよ」とか。

 

スロットは誰にとっても稼業ではなく、本来は娯楽であって然るべきだとぼくは思っています。

その中で、スロットを生業としているスロプロはむしろ少数派でなければならない。

だから、今スロットを楽しめている人は、「期待値を追ってない人間はバカ」みたいな文章をネットで見つけても、変に焦ったりする必要はなく、そこから得るものがあれば、自分のスロット生活に取り入れればいいし、これはいらないなと思えば切り捨てればいいんです。

 

正しい知識を持って、自分たちにとって適度な距離感で楽しくスロットを打つ人が増えれば、ぼくも嬉しいです。

ディスクアップ、リーチ目役C+黒ビッグの制御について

久しぶりの更新です。

 

一時期ディスクアップを打ちすぎて飽きてたんですが、どの出目で当たったときは内部的にどの1枚役と重複したのか、それとも単独なのか、とか考えて打つようになって最近またちょっと楽しいです。

 

今回は、ハズレ目で当たる形の一つである、「リーチ目役C+黒ビッグ」について、最近思ったことを書きます。

攻略とかじゃなくて完全に制御のお話。

 

※スロ歴2,3年の若造が書いてるので、頓珍漢なとことかあったらごめんね。

 

まず、ディスクアップにはリーチ目の形を取らずに、ハズレ目でボーナスが入っているという制御を取る1枚役+ボーナスが3種類あると言われています。

 

それが、

1枚役B+赤ビッグ・1枚役B +REG・1枚役C+黒ビッグ

 

の3つ。

 

ちなみに、1枚役の種類はこんな感じになります。

 

f:id:ganja_slot:20200202155755j:plain

 

今回は左リールにバーを枠上から上段に狙った時のお話をしようと思います。

 

そもそも「ハズレ目で当たる」というのはどういうことなのか。

 

ディスクアップは小役優先制御の機種なので、ボーナスが成立していても、小役が同時成立しており、かつその小役が引き込める位置でストップボタンを押した場合、その小役をボーナスよりも優先的に引き込みます。

ここで言う"小役"とは、上記の1枚役も含みます。

 

つまり、ボーナスタイプの機種における1枚役というのは、単独成立の時とは違う制御を取れるように、いろんな1枚役を用意してそいつとボーナスを同時成立させることによって制御に幅を持たせることを主な目的として作られているのだと、勝手に解釈しています。(ぼくは割と新参スロッターなので、本当に合ってるかわかんないです。「違うよ!」って人はコメントお願いします。)

 

では、ディスクアップで、左リールにバーを枠上から上段に押した際のリーチ目の法則を見ましょう。

 

f:id:ganja_slot:20200202160609j:plain

まず、枠上にビタ止まりのこの形。これはリーチ目役Aと赤ビッグが同時成立している時にしか出ないと言われています。クソ気持ちいいやつ(※バーを枠上にビタ押しできていれば)

 

これは、ハズレ目ではなくちゃんとしたリーチ目の法則に則ったリーチ目です。左リールの「スイカ・リプレイ・スイカ」は小役が外れた時点でボーナス確定となる割と王道のリーチ目です。

 

(ちなみにこのスイカがクロステンパイして外れる形は最近初めて見れたので、ちょっと自慢するためにも貼りました)

 

次が、

f:id:ganja_slot:20200205131258j:plain

バー上段からのこの形。

 

左バー上段からはさみ打ちで右バー下段停止は、9枚役orボーナスになります。

 

ちなみに、はさみ打ちでこの右バー下段から9枚役ハズレ、実践上同色確定なんですけど、どうでしょうか。(バケの時は右リール赤7が滑ってくる)

 

他にもバー上段停止からのリーチ目の法則はたくさんありますが、他にもいろんな詳しい人がブログとか解析サイトに載せているので、ここでの詳しい説明は省きます。

 

 

こっから結構入り組んだ話になります。

(あんまりディスクアップ打ってない人は面白くない話かもしれないです。ごめんなさい、、)

 

リーチ目を取らないで当たるパターンというのは、例えばこんな感じです。

f:id:ganja_slot:20200202163027j:plain

バー上段からではないですが、

この出目ってリーチ目でもなんでもなくて、普通にボーナス入ってない時も余裕で出現します。しかし、左の液晶のルーレットが「♪・♪」で停止しており、これは9枚役・チェリー・スイカ対応なので、ルーレットの法則と矛盾しているためボーナス確定です。

 

この出目からわかるのは、右リールも中リールも1枚役C(バー・バー・赤7or青7)を蹴ってるってことです。つまり、この形は1枚役B重複のバケか赤ビッグ濃厚ということになります。

 

次に、1枚役Cについて、

はさみ打ちで上段バー狙いをしている際に「1枚役C」が成立したとしましょう。この時、左バー上段停止から、右リールに1枚役Cを引き込める範囲で押した時は、バーの対角線上、つまり上段か下段に赤7か青7が絶対に停止するはずです。

 

f:id:ganja_slot:20200205034704j:plain

こんな感じだったり、

 

f:id:ganja_slot:20200205034731j:plain

こんな感じに。

当然右リールの上段or下段にあるのは青7でも同じです。

 

※ちなみにこれら2枚とも2確です。1枚目は右リール上段にリプ付き赤7停止で問答無用の2確、2枚目はリプレイorボーナスで2消灯しているので2確です。

 

 

で、ここからがこの記事の本題になります。

 

割とディスクアップ打ち込んでる人たちの間ではちょっと有名な話で、

 

「1枚役C+黒ビッグ」が成立しているときにさっきの1枚目の形、

f:id:ganja_slot:20200205034704j:plain

この、

右リール「リプ付き赤7」を上段にビタ押したとき、右リールが4コマ滑って青7が上段まで降ってくるという制御があります。それも「1枚役C+黒ビッグ」が成立している時限定で。

 

f:id:ganja_slot:20200205041734j:plain

こういう形ですね。

右リールが4コマ滑ってこの停止形を取った時点で黒ビッグ2確という、ディスクアップの中でもそれなりに脳汁が出る瞬間であったりします。出目的には全然2確じゃないんだけど、打っている本人だけが滑りコマ数を把握して楽しめるのは、ディスクアップのおもしろい要素の一つだと思います。

 

 

じゃあなんでこんな制御を取るのか。

考えてみたらなんとなくわかったので、書きます。

まず、大前提として、「1枚役C+黒ビッグ」は1枚役Cも黒ビッグも取りこぼす位置で右リールを押した時は、小役ハズレ目でもなんでもないハズレ目を形成しようとします。これは、そういう制御だから。

 

では、1枚役Cも黒ビッグも取りこぼす位置とはどこなのか。

つまり右リールの上段にも下段にもボーナス図柄が引き込めない位置ということで、下図の矢印で示した位置、

f:id:ganja_slot:20200205043034j:plain

1番の丸リプか21番の2枚葉チェリーを下段に押した時のみということになります。

 

2/21の確率でしか取りこぼさないわけです。ハズレ目の制御を取る1枚役なのに、バー上段押しの場合だとほとんどハズレ目は止まることなく、1枚役Cを引き込むか、黒ビッグが生入りしてしまう。

 

では、19/21の確率で、右リールに1枚役Cか黒ビッグを引き込むわけで、その時の停止形(右上段or下段にボーナス図柄停止)を一つずつ見ていくとします。

すると、どれも小役ハズレでボーナスの出目になるんです。

何個か例を貼ります。

f:id:ganja_slot:20200205050523j:plain

 

f:id:ganja_slot:20200205041734j:plain

f:id:ganja_slot:20200205050618j:plain


 

(バー上段停止だとリプレイorボーナス、いずれの7上段停止でも9枚役orボーナス、バー下段・リプ付き赤7下段停止だといずれも9枚役orボーナス、等)

 

 

ただ、一箇所を除いて。

 

もう話は見えてきたと思うんですけど…

 

f:id:ganja_slot:20200205044024j:plain

こいつですね。

右下段に青7停止だと、リプレイorハズレorボーナスです。

こいつだけハズレがあるんです。

つまり、右のリプ付き赤7から4コマ滑って青7で1枚役が揃おうとするのは、「1枚役C+黒ビッグ」は優先的に青7で1枚役を引き込もうとしているからで、その制御の理由は、青7だけが1枚役を引き込みつつハズレ目と同じ制御を取れる可能性のあるボーナス図柄だからじゃないかなと、思うんです。

「1枚役C+黒ビッグ」がハズレ目と同じ形になろうとするためにこんな不要な4コマ滑りをするわけです。

 

なので、最近は「1枚役C+黒ビッグ」が成立したときに、下段にリプ付き赤7をビタ押ししたら、青7が下段まで滑ってくるんじゃないかと思って熱い演出きたときとか狙っているんですが、なかなか思ったように引けないですね…

毎ゲーム狙うわけにもいかないですし。

また見れたらこの記事に書き込もうと思います。

というか、この記事読んだ人で実際試してみてどうだったとかあれば、コメントお願いします。

 

今回は勝つために必要な話とかは一切なく、ディスクアップ好きな人の戯言って感じの記事でした。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます!

 

※2020/2/27追記

やっぱり「1枚役C+黒ビッグ」が成立したときに、右に下段にリプ付き赤7をビタ押ししたら、青7が下段まで滑ってきました。

f:id:ganja_slot:20200228012645j:plain

f:id:ganja_slot:20200228012658j:plain

いきなりルーレット(矢印×2)+上パネキャラリンで左バー上段に止まったので、右下段にリプつき7狙ったら間違いなく4コマ滑りました。まあ、ぼくの目押しが正確だったっていう証明はできないんですが、、

追記終わりです。

パチンコやめろ、スロット打て

おはようございます

 

 

みなさん、パチンコ打たれてますか?

 

ぼくも昔はよく打ってました。

 

 

なにも考えずに玉を発射して、携帯とかいじりながら大当たりの瞬間を気長に待つ。

そして、大当たりからの確変を掴んだ途端出玉が加速する快感は、他では味わえないですよね。

 

ここで、

パチンカーのみなさんに聞きたいんですけど、パチンコで勝ててますか?

 

 

 

ぼくは勝ててないです、、

 

※この記事はパチンコの勝ち方を書いてる記事じゃないです。「俺はパチンコの勝ち方を見に来たんじゃ!」という人は他を当たってください。あと、パチンコなんとかスクールの勧誘ブログでもないです。

 

 

そもそも、パチンコで勝つためにはどうすればいいんでしょうか。

これは割と有名な話で、ボーダー理論というのがあります。

 

この下にパチンコのボーダーのwikiも貼っておきます。

ja.wikipedia.org

 

まあ簡単な話、1000円で平均何回転以上回るような釘調整なら、打ち手が勝って、それ以下しか回らなければお店が勝ちますよっていうボーダーラインが各機種には存在していますよってことです。

 

 

この理論自体は何も間違っていないし、これを実行できたら長期的に半年とか一年後の収支を見たとき、必ず結果が出てくると思います。

 

ただし、重要なのは、この実行できたらという部分です。

 

ほとんどの人は、これを実行できません。(てか、ぼくもそうです、、)

 

それはなぜか。

 

例えば、ボーダー理論についての知識を完璧に習得したとしましょう。

そして、いざ打ちたい台に座って、その台の釘調整がボーダー以上である確率は、どれくらいでしょうか?

 

ほぼゼロでしょ、、

 

お店としてはパチンコなんかエンジョイ勢の爺さん婆さんが年金突っ込んでくれるから、釘ガチガチに閉めてもみんな遊んでくれるし、釘を甘くするメリットがそんなにないんですよ。

 

ボーダー理論を実践する上で大事なのは、「ボーダー以下の台には極力触らない」と「ボーダー以上の台にたくさん触れる」の二点です。

 

しかし、ボーダー以上の台を探すためには必然的にボーダー以下の台に触れることになります。

 

その理由として、パチンコはデータからボーダーを読みにくいからです。今日はこの台の釘調整がよかったor悪かったというのがデータから全く見えてこないのは本当に厳しい。

たくさんの客が集まっている有名パチンコホールなんかは釘が甘いのかもしれないですが、競争率が高いです。

これは、パチンコ・パチスロに共通して言えることですが、なるべく自分だけがいい台に座れる状況を作ることが大切です。(そうじゃないと、僕みたいな養分は「打たずに帰る」みたいなことができず、妥協した台に座って負けてしまうからです、、)

 

したがって、一人で1からボーダー理論を始めるとなると、店選びと台選びのハードルがめちゃめちゃ高いです。

 

もし仮にボーダー以上に回る台を見つけたとしても、その頃には、ボーダー以下の台を漁ってたぶん投資も膨らんでるわけで、期待値がマイナスの行動をとってたぶんの借金を背負った状態で期待値のある台を回さなきゃいかんのです…

 

 

おれたち養分がパチンコ打って勝てるわけねえんだよ…

 

 

ってことで、なるべく、養分でもデータとか見て、ない知恵絞ってなんとか立ち回れるようなスロット打ちましょ…

というのが今回の記事の結論です。

 

もちろんパチンコが楽しくて、勝った負けた関係なく適度に遊べてる人はすばらしいです。

 

 

よかったらコメントとかいっぱい書いてほしいです!

 

※それと、パチンコなんとかスクールみたいなのはよくある詐欺臭いやつなので登録しない方がいいと思いますよ。